生活リズムが乱れると

看護師は、日々忙しくしている方が多いと思います。環境によって、日勤や夜勤等の勤務をしている方もいれば、毎日に様に残業をしている方もいると思います。こういった環境で仕事をしていると、生活リズムが崩れてしまっている方も多いでしょう。生活リズムが崩れてしまったことで、「寝ようと思っても眠れなくなってしまった」といった不眠の症状を引き起こしてしまっている方もいると思います。

健康的に生活をするためには、何よりもしっかりと寝て、食べて、体を動かすことが大切です。規則正しい生活リズムを維持出来れば、健康維持も行いやすいでしょう。しかし、看護師の場合には、どうしても生活リズムが乱れがちです。交代で夜勤などがあれば、生活リズムがうまくつかめず不眠症となってしまう方もいます。職場環境によっては勉強会などを定期的に行っているところもあると思いますが、休日に勉強会などが入ってしまうと「全く休むことが出来ず、リフレッシュ出来ないまま仕事になる」と感じている方も多いでしょう。こういった生活を続けていくと当然リフレッシュも出来ず、体も心も休めることが出来なくなってしまいますから腰痛の症状を悪化させてしまう原因となってしまいます。「最近、まともに休んでいないなぁ」と感じている方は思い切って休暇を取り、リフレッシュしていくことも大切です。心も体もリフレッシュすることが出来れば、腰痛の症状も和らいでくる可能性がありますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です