介助業務が腰痛を引き起こす

看護師の仕事をしている方の多くは、腰痛という悩みを抱えています。「腰痛は職業柄仕方がない」と思っている方も多いと思いますが、放っておくと日常生活にまで支障を来してしまうことになりますから、早めに対策を練り、改善していくことが大切です。そのためにも、まずは腰痛となっている原因を追究しましょう。

入院病棟などを担当している看護師の場合には、自分でトイレに行けない患者さん、入浴出来ない患者さん、食事が出来ない患者さんなど、様々な患者さんを担当することになると思います。そして、こういった患者さんへの介助業務を行う際に、腰への負担が大きくなるのです。どの業務も中腰で行う作業となりますから、看護師の腰への負担は相当なものとなってしまいます。時には、寝たきりとなっている患者さんの体位変換などを行うこともあると思いますが、この時には自分の体重よりも重い患者さんを動かす必要があります。

こういった介助業務により腰痛を引き起こしてしまっている方は、これらの業務を行う際に出来るだけ腰への負担を抑える様に対策を練っていくことが大切です。腰への負担を抑えるためには、やはり骨盤ベルトなどを利用するのがいいでしょう。ベルトでしっかりと腰を固定していくことで腰への負担を和らげることが出来ますし、作業も行いやすくなるでしょう。ベルトのタイプも様々なものがありますから、自分に合ったベルトを探してみると良いですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です