普段の行動から気をつけよう

看護師の仕事をしている方の中には、「今から、腰痛予防をしておきたい」と考えているいると思います。看護師は仕事柄、腰痛に悩んでいる方も多いですから、「周りの話を聞いているから今からしっかりと腰痛予防をしなければ」と思っている方もいるでしょう。一度腰痛持ちになってしまえば仕事に支障が出てきてしまうこともありますから、予防をしておいた方が安心ですよね。

腰痛を予防するためには、まずは普段の行動から気を付けていくことが必要となります。看護師は患者さんの介助などで中腰の体勢になることが多いと思いますが、その際には出来るだけ膝からかがむ様に意識しましょう。腰から曲げてしまうと、それだけ腰への負担が大きくなりますからね。「姿勢が悪い」と感じている方は、猫背などを改善していくことも大切です。日頃から自分の姿勢を意識して、猫背を解消していくことも腰痛予防に繋がります。そして、仕事の休憩時間や仕事が終わった後には、ストレッチなどをして腰周りの筋肉をほぐしていくことも大切です。出来れば腹筋や背筋などを鍛え、腰への負担を抑えられるようにしていくと良いでしょう。既に違和感を感じている方の場合には、早めに骨盤ベルトやコルセットなどを取り入れると良いですよ。介助の際、「自分一人では難しい」という時には、無理をせずに他のスタッフに手伝ってもらうようにしましょう。

腰痛を予防するためには、日頃の行動から気を付けていくようにしましょう。何気なく行っている行動の中に、腰への負担が大きくなってしまうものもありますから、「腰への負担を抑えよう」ということを常に意識していくだけでも腰痛を予防することが出来るはずですよ。この他にも日常生活で取り入れることが出来る腰痛予防策はたくさんありますから、こういったサイト●http://kangoshi-youtuutaisakuiinkai.com●などで調べてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です